費用と特徴

コンビニ

平均的な価格

開業しようとする方がFCでコンビニを開業する時に掛かる平均的な価格は400万円程度です。費用の内訳は300万円程度が土地や建物、研修などとなっており、その他の諸経費に50万円程度になります。実際には費用がもっと掛かりますが、残りの費用はFCのコンビニを管理する企業が負担しています。この費用は開業後に月々の企業に渡す売り上げの一部に含まれています。平均的な価格は各コンビニに関する企業によって異なるため、開業する際には事前に調べることが大切になります。各企業で説明を受けることができ、見積もりなども算出してくれるので比較しやすくなっています。さらに、月々に掛かる費用の負担額も異なるのでこちらも調べると良いです。

FCでコンビニの開業の特徴

FCでコンビニ開業の特徴として、様々な支援を受けることができます。FCなので統括している企業では様々なコンビニを取り扱っており、これまでの経営ノウハウがあります。FCのコンビニはそのノウハウを受けることができる他、経営支援を受けることが無料でできます。さらに、定期的に担当者が訪問してくれて情報などを提供してくれるので手厚いサポートが受けられます。また、資金に関しても融資といった支援があるため改装などが行いやすくなっています。ただし、支援内容に関しては多様化が進んでいるため各企業によって支援に違いがあります。FCから独立することも可能となったり、独立で奨励金が支払われたりと経営支援の内容から融資の内容にも違いがあります。しかし、いずれも支援内容がより充実しています。

Copyright© 2016 中国輸入代行で仕事を効率良く行う|経営サポートガイド All Rights Reserved.