故障の原因を防ぐ

国旗

対応しているものを選ぶことが大事

レジでは、基本的にロール紙が使用されています。ロール紙は1本の太い筒状に巻いてあるため、回転させながらプリントすることで印字されたレシートをどんどん作ることができます。顧客が多くの種類の商品を購入した場合でも、ロール紙ならレシートを何枚にも分けずとも、長くすることで1枚にまとめることが可能です。また最近のものは、プリント後に自分の手でちぎらなくても自動でカットされるので、顧客にすぐに渡すことができるようになっています。会計業務をスムーズにおこなわせてくれるため、ロール紙はほとんどのレジで導入されています。ただし、レジにもロール紙にも多くの種類があります。レジに対応したロール紙でなければセッティングできなかったり、レジの故障の原因になったりします。そのため、必ず対応しているものを選択する必要があります。

便利な感熱タイプのロール紙

ロール紙は、以前はインクでプリントされるタイプのものが主流でした。プリントはスピーディーにおこなわれるのですが、乾くまで多少時間がかかる場合が多くありました。そのため、顧客に渡す際にインクがにじんだり、顧客がしまう際に手や財布にインクがついてしまったりということもあったのです。しかし現在では、感熱タイプのロール紙が主流となっています。熱により一瞬でプリントされるタイプのロール紙です。インクを使わないので、にじまないように乾かす必要は全くありません。インクを購入する経費もかかりませんし、インクが切れた場合に顧客を待たせて補充するといった手間もかかりません。非常に便利なので感熱タイプのロール紙は一気に普及し、多くの店舗や企業が導入しています。また、ロール紙に必要な材料の中には中国でしか手に入らないものもあるため、現地に調達へ行かないといけない場合もあるのです。そのような時は中国輸入代行の業者に依頼するとよいでしょう。中国輸入代行の業者に依頼することで、社員が現地へ行かなくても必要な材料を調達してくれるため効率良く仕事を行なえます。

便利に活用できる

IT

シェアリングを導入することで、仕事の効率性が高かったとして多くの企業で使用されていました。しかし現在では使用方法も変化しており、より便利に活用させることができるようになったのです。

詳しくはコチラ

費用と特徴

コンビニ

FCでコンビニを開業するにもそれなりの費用がかかるものです。そのため、どれほどの費用がかかるかを知っていれば計画的に話を進めることができます。また、FCのコンビニ開業には特徴があるため知っておくとよいでしょう。

詳しくはコチラ

成功させるポイント

店舗

コンビニFC経営を始める上では加盟料とロイヤリティが必要となるため、それらについて把握しておくようにしましょう。また、加盟にあたっては地域や人気などによって違ってくるため選び方が重要となります。

詳しくはコチラ

Copyright© 2016 中国輸入代行で仕事を効率良く行う|経営サポートガイド All Rights Reserved.